WordPressでSEOに最適なパーマリンクの設定方法

どうも、Tetsuyaです。

 

WordPress で記事投稿を始める前に絶対にやっておくべき設定の1つにパーマリンクを最適化することをオススメします。

 

これをやっておかないと、検索エンジンにも不利になってしまいますし、サイトのユーザビリティも悪くなってしまいサイトの構造を理解しづらくなってしまいます。

 

そこで、今回は WordPress のパーマリンクの設定方法と、WordPressにとってどんなパーマリンクが最適なのかも解説していきます。

 

とても大切な部分なので、必ずはじめに設定しておいてください。

 

パーマリンクってなに?

インストール直後のデフォルト状態の WordPress で『 投稿 』や『 固定ページ 』を使ってページを作ると、そのページのURLは【 http://exmple.com/〇〇 】のように数字と記号の組み合わせで表示されます。

 

このURLの後ろの【 〇〇 】の部分をパーマリンクといいます。

 

 

このように意味のない数字と記号の組み合わせのパーマリンクだと、SEO面でもサイトのユーザビリティでも若干の悪影響が出てしまいます。

 

なので、WordPress をインストールしたら最初にパーマリンクを設定しておく必要があります。

 

その前に、なぜデフォルトの状態のパーマリンクだと良くないのかを解説していきます。

 

WordPress のデフォルトのパーマリンクの欠点

結論からお伝えすると、デフォルト状態のパーマリンクはGoogleが推奨するURLの2つの要件を満たしていない。

 

以下のGoogleからの推奨文を引用したので見てください。

 

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。http://www.example.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41daa6f849f730f1 のような URL 自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。

URL では区切り記号を使うと効果的です。http://www.example.com/green-dress.html という URL の方が、http://www.example.com/greendress.html という URL よりずっとわかりやすくなります。URL にはアンダースコア(_)ではなくハイフン(-)を使用することをおすすめします。

特に複数のパラメータを含む URL など、過度に複雑な URL は、サイト上の同じまたは同様のコンテンツを表す多数の URL を不必要に作成し、クロールの際に問題が生じることがあります。その結果、Googlebot で必要以上に帯域幅を消費したり、サイトのすべてのコンテンツをインデックスに登録できないことがあります。

参考元:Google Search Console ヘルプ

 

ご覧の通りURLは、

  • IDではなく意味のある単語が利用されたシンプルなものがいい
  • なおかつ人間が論理的に理解できるものがいい

という2つの要件を満たしているものが良いということがGoogle先生からオススメされています。まだわかりにくい方のために、以下の2つのURLを見比べてみましょう。

 

 

違いは明確だと思います。上はIDで構成されていて、下は意味のある単語で構成されています。また、上はURLを見てもどんなページ内容なのかを論理的に理解できませんが、下のURLだと「 このページはWordPressの使い方が書かれているんだな 」という事が理解できます。

 

つまりデフォルトのパーマリンクでは問題があるというわけです。

 

WordPress にとって最適なパーマリンクって何?

WordPressにとって最適なパーマリンクは以下の2パターンです。

 

  • http://sample.com/カテゴリー名/記事タイトル

( 例:http://buzz-reach.xyz/wordpress/permalink )

  • http://sample.com/記事タイトル

( 例:http://buzz-reach.xyz/permalink )

 

SEOやユーザビリティのことを考えると、特に上のパーマリンクの方が理想的です。

 

なぜなら、上のパーマリンクを見ると、そのページがバズリーチというサイトのWordPressのカテゴリーに属する記事の1つだということが理解できます。つまり、検索エンジンもユーザーもサイトの構成がどんなものなのか把握する事ができます。

後のURLにはそこまでの機能性はありません。

 

そこで、全員に上のパーマリンクをオススメしたいところなのですが、運用面を考えると、後になってデメリットになる場合があります。

 

それは、カテゴリーの名前を変えたい場合です。上のパーマリンクだとカテゴリーの名前を変えた時に、そのカテゴリーに属する記事のURLが変わってしまう場合があります。当然、それぞれの記事についているソーシャルボタンの数字もリセットされてしまいます。

 

このように、パーマリンクは一度設定したら後から変更するのが難しいですし、めんどくさいです。

 

したがって、SEOの面でもユーザビリティの面でも望ましいのは上ですが、実際の運用を踏まえると、将来的に発生する変更に対応できる下のパーマリンクを設定することをオススメしています。

 

WordPressのパーマリンクの設定方法

それでは、WordPressのパーマリンクの設定方法を解説していきます。

 

ダッシュボードの左サイドメニューから【 設定→パーマリンク設定 】とクリックして、パーマリンク設定画面に移動する方法

 

 

『 カスタム構造 』にチェックを入れて、入力欄に『 /%postname% 』と入力してください。

 

 

最後に、ページの下にある『 変更 』を保存をクリックしたら完了です。これで記事や固定ページを作る時にパーマリンクを手動で設定できるようになります。

 

 

パーマリンクは日本語を入力できますが、日本語URLはHTML上での記述が不要に長くなってしまい逆に分かりづらくなってしまいますのでオススメはしません。

 

そのため、パーマリンクは常に英語で入力するようにした方が確実に良いです。

 

また、SEOに強くなるWebライティングで絶対にやるべき17のことの『 4、URLの最適化 』でパーマリンクを入力する際に気をつけてほしい注意点を説明しているので参考にしてください。

 

まとめ

そんなに大切な部分に感じないかもしれませんが、パーマリンクはサイトの使いやすさ見やすさにとってとても重要なポイントなのでちゃんとやっておきましょう。

 

とにかく来てくれた読者にとって最も良いサイトになるように細かいところまで手を抜かずに設定するようにしてくださいね。

The following two tabs change content below.

Tetsuya

タトゥーがバレて会社をクビになりネットビジネスを始めたらハマってしまった新宿在中の26歳。「無料で稼げるまとめサイトとかあったらおもしろくね?」って言ってこのサイトを作ろうと言った張本人

ABOUTこの記事をかいた人

タトゥーがバレて会社をクビになりネットビジネスを始めたらハマってしまった新宿在中の26歳。「無料で稼げるまとめサイトとかあったらおもしろくね?」って言ってこのサイトを作ろうと言った張本人