【メルカリ転売攻略!】オススメ仕入れ先4選

こんにちは!
RYOYAです。

 

しっかりと取り組めば
かなり利益を上げることができる

メルカリ転売で稼いでいる人が
自宅で手軽に行えるからか、
最近ではかなり増えてきていますよね。

 

そこで今回は、
メルカリ転売で稼いでいく上で非常に重要になる
仕入れについてお伝えしていきます!

 

 

メルカリとは?

今ではかなり有名になったフリマアプリである
メルカリですが、一応説明をしておきます。

 

メルカリとは、
フリマアプリの1つです。

 

フリマアプリとはスマホで
フリーマーケットを行うことができるアプリのことなのですが、

非常に便利なサービスなので、
近頃、利用者の数が急増しています。

 

フリーマーケットといえば
いらない商品を売るイベントのことですよね。

 

これをネットで、
しかも自宅で手軽に行えるアプリがメルカリなのです。

 

冬など寒い中行っていたフリーマーケットがネットで行えるのですから、
よくよく考えると物凄く便利な時代だな〜と思います(笑)

 

メルカリ転売が稼ぎやすい3つの理由

 

転売で稼ぐにあたって、
メルカリを利用する最大の理由は、仕入れにあります。

 

メルカリはフリマアプリの中で、
知名度がダントツに高く利用ユーザも多いです。

 

ユーザ数が多ければせどりを行う上でも、
当然、沢山のメリットを受ける事が出来ます。

 

それだけメルカリは、転売において
とにかく仕入れやすい条件も揃っているのですが、

それだけではなく、

・高値で売れる
・商品が売れる可能性が高い

・入金サイクルが早い
・販売手数料が10%

といった稼ぎやすさを裏付ける
販売をする際のメリットもあります。

 

これらのメリットについて1つ1つ解説をしていきます。

 

高値で売れる

メルカリでは、人気商品を購入しようとする
コレクターが集まる傾向があります。

 

そのため、人気商品など高値が付く商品を出品すれば
即売れする可能性はかなり高いです。

 

更に、多少値段を高く出品しても
売れる可能性は高いので、

メルカリでは、値段が少し高めでも商品が売れやすい傾向にあります。

 

商品が売れる可能性が高い

 

メルカリでは、利用ユーザーが物凄く多いということから、
単純に商品が売れる可能性が高いです。

 

更に、利用しているユーザの多くがスマホで利用している為、
ちょっとした空き時間でも出品商品を見る事ができ、

常にお客さんがメルカリ上にいるというような
状況になっています。

 

お客様がメルカリで欲しいと思う商品があれば、
アプリでカンタンに購入手続きを行う事が可能ですし、

学校の休み時間だったり、
通勤、通学などの移動時間だったとしても

欲しい商品があればその場で
購入してくれる可能性があるのです。

 

それだけメルカリでは、
商品購入をしてもらえる可能性が高いのです。

 

入金サイクルが早い

メルカリでは1週間に1度、
売上金の振込手続きがされます。

 

これは、他のサービスに比べると
かなり早いペースです。

 

入金ペースが早ければ、
仕入れ資金と利益を早く回収する事が出来る為、

次の仕入れに、
より大きな資金を使うことができます。

 

転売では使える資金量で、
稼げる金額が変わってきますので、

入金ペースが早い事は、
転売を行う上で大きなメリットと言えます。

 

販売手数料が10

 

メルカリの販売手数料は10です。

 

売上4万円なら販売手数料4000円が、
メルカリに支払われる金額となります。

 

それに比べ他のサービスでは、
大抵、販売手数料は15%ほど取られる傾向にあります。

 

アマゾンやヤフオク、メルカリなど、
どの販売場所でも販売手数料はかかりますが、

メルカリはかなり手数料が低い傾向にあるので、
利益も取りやすいです。

 

仕入力3倍アップ!メルカリ転売オススメの仕入れ先

Amazon(アマゾン)

説明しなくてもAmazonについては
知っている人のほうが多いと思いますが、

Amazonは日本でもおなじみの
大手ネットショップです。

 

この記事を読んでいる人の中でも
ほとんどの人はアマゾンを利用したことがあると思います。

 

Amazonには6000万点以上の商品が
出品されています。

 

これだけ商品数があると、
商品仕入れの選択肢はかなり広がりますし、

他の転売に取り組んでいる人とも被る心配はいりません。

 

つまり、自分で市場を開発していくことが可能なので

市場が飽和することなく稼ぐことができます。

Amazonはこちら

 

Aliexpress(アリエキスプレス)

アリエキスプレスは、英語翻訳や日本語翻訳が可能である
中国の仕入れサイトです。

 

日本には無い海外ならではの珍しい商品やなどもあるので、
Amazonには無い商品なども多く、

Amazonとは別の使い方をすることができます。

 

日本語版サイトを使えば
非常に簡単に仕入れることができますので、

一度仕入れに利用してみると良いです。

Aliexpressはこちら

 

NETSEA(ネッシー)

ネッシーは、商品数として
160万点以上を誇っている仕入れサイトであり

日本国内の卸売業者が多くいるサイトです。

 

仕入れの商品も早く届く傾向にありますので、
商品の到着の後れを防ぐメリットがあります。

 

更にネッシーは、日本人向けの高品質の商品を
安価で仕入れることができるのが利点です。

NETSEAはこちら

 

SMASELL(スマセル)

続いては、SMASELL(スマセル)です。

 

このサイトは在庫を早く・手軽に・効率よく売買できるサービスです。

基本的にはBtoBのサービスとなっていますが、
個人事業主向けの卸販売も行なっており、

かなり安値で商品の仕入れを行う事ができます!

 

利用しているユーザーもまだ多くないので、
ライバルと商品が被るリスクを防ぐこともできます。

SMASELLはこちら

 

最後に

メルカリ転売で仕入れを行っていく際には様々な仕入れ先がありますが、
まずは実際に仕入先をいろいろ見てみるのが良いです。

 

どの仕入先が使いやすいか比較してみましょう!

脱サラなら転売がオススメ!転売で自由な人生を掴もう!

2017.12.25

 

The following two tabs change content below.

RYOYA

都内在住の情報発信家。22歳。現在はオプトインアフィリエイトを主体に獲得資金を投資に回して日々悠々自適な生活を送る。VIPアフィリエイターとの繋がりが広く、人脈を武器に最新情報や極秘情報を購読者に配信している。

ABOUTこの記事をかいた人

都内在住の情報発信家。22歳。現在はオプトインアフィリエイトを主体に獲得資金を投資に回して日々悠々自適な生活を送る。VIPアフィリエイターとの繋がりが広く、人脈を武器に最新情報や極秘情報を購読者に配信している。