【2018年決定版!】プロダクトローンチのやり方を完全解説!

こんにちは!
RYOYAです。

 

最近では、ネットビジネスの中で
最も売上げを立てることができる販売手法の

「プロダクトローンチ」を使って、
数億円〜数十億円もの売上を立てる人がかなり多くいます。

 

今回はそれだけ売上を上げることのできる販売手法の
プロダクトローンチのやり方について
完全解説をしていきます!

 

 

プロダクトローンチの意味とは?

プロダクトローンチは、
短期間で莫大な売上を上げることのできる
メルマガ販売手法の一つです。

無料コンテンツを使って集めた
メルマガ読者の方に

商品のプロモーション動画を埋め込んだブログ記事を
数回に渡って送っていくことで
爆発的に収益を上げるという手法になります。

 

1週間~2週間毎日メルマガを送り、
インパクトのあるタイトルで

たくさんの読者を引き込みながら
プロモーションをすることで

何十万円という商品が
爆発的に成約していきます。

 

高いものだと1つ100万円というような商品が
売れることも良くあります。

 

プロダクトローンチによって驚異的な販売結果が叩き出せる理由

プロダクトローンチとは、
「横型のセールスレター」と言われています。

 

ここで突然ですが、あなたは
「セールスレター」という言葉をご存知ですか?

 

インターネットで商品販売をする際の
非常に縦長のページのことで、

長いものだと30ページ~40ページもの
長さに渡るものも存在します。

 

プロダクトローンチとは、
今まで縦長ページで一気に紹介していたものを縦に何枚にも分けて、

その1つ1つの記事を何通かかけて
メルマガ読者に送っていくという手法です。

何通にも分けてセールスページを送っていくことで、
長いセールスページでは読まなかった人でも読むようになりますし、

数日に渡って送っていくことで、
読者の購買意欲を積み上げ式に上げていくことができます。

 

少しづつ時間をかけて見込客との関係性を
作っていく形になっているということが

商品が爆発的に売れる要因であり、
いきなり売り込みしないのがポイントです。

 

プロダクトローンチの爆発的な売上を裏付ける集客法

プロダクトローンチで
商品が飛ぶように売れる理由。

その1つに、
爆発的な売上を裏付ける集客方法があります。

リアルビジネスもネットビジネスも共通で、
商品販売をする前には「集客」が必要ですが、

プロダクトローンチで
商品販売をしていく際には

最も効率良く商品が売れるような集客を
実践することが重要です。

 

そしてその上で、
広告費をかけて集客量を拡大します。

 

戦略的に集客をすることで利益を最大化する

商品販売のプロモーションを行う上で、

無戦略で実行すると、
大きい確率で販売不振に陥ります。

 

プロモーションが失敗してしまうのです。

 

メルマガ読者を集めるために
多くの広告費を使っていたりした場合は、

「大赤字で終わってしまう。」ということになりかねません。

 

ではなぜ申し込みが入らないのか?

その原因の多くは
戦略的に集客していないことに原因があります。

 

戦略的な集客をするための要素を
1つ1つ説明していきます!

 

ターゲットを定める

商品販売をするために集客をする際に
「ターゲットを定める」ということが非常に大切になります。

 

ターゲットを定めるとは
一体どういうことなのかというと、

商品販売するお客さんの

・年齢
・性別
・年収
・ライフスタイル
・家族構成
・悩み
・不安

などの要素を明確にするということです。

一見、販売対象をそこまで明確に絞ってしまうと
商品が売れないかもしれないという不安に駆られるかもしれませんが、

販売対象を明確にしたほうが、
圧倒的に商品成約率は上がります。

 

何故かと言うと、ターゲットを定める事によって
プロダクトローンチがより響くものになるからです。

 

ターゲットを定めないで多くの人に向けた内容で
プロダクトローンチを作成してしまうと、

多くの人に広く浅く響く内容になってしまうので、
結果として商品成約率は下がってしまいます。

 

しっかりとターゲットを定めるようにしましょう!

 

リサーチを行う

商品販売をする上では、
商品を購入してくれる人の気持ちをしっかりと理解する
ということが非常に重要になります。

 

顧客の目線をしっかりと理解していなければ
どのような文章を作成すればより響く内容になるか、

プロダクトローンチの構想を組むことも
難しくなります。

 

実際にリサーチを行う上で
どういうことをするのが良いのかというと、

最も確実なリサーチ方法は、

自分の販売したいターゲットのお客さんと
実際に話をして悩みを聞く
ということです。

 

顧客の気持ちを理解することが
成約率の向上に繋がりますし、

利益を最大化することも
できるようになります。

 

コンセプトを決める

コンセプトを決めるとは何かというと、
商品販売を行うプロダクトローンチのプロモーションは、

一体どういう分野なのかを明確にするということです。

 

販売する商品は

・ダイエット関連の商品なのか?
・恋愛関連の商品なのか?
・ビジネス関連の商品なのか?
・投資関連の商品なのか?

こういったコンセプトを
しっかりと決めるようにしましょう。

 

コンセプトを明確にすることで、
販売する商品に合った顧客を集客することができ、
成約率を爆発的に上げることに繋がります。

 

プロダクトローンチのやり方と手順

プロダクトローンチをする上で、
まず必要なのが

たくさんのメルマガ読者を集めるための
無料コンテンツLPです。

 

質の高い無料オファーを作り
それを複数のアフィリエイターに紹介してもらうことで

1か月で1000人以上の読者を集めます。

 

その後、集まったメルマガ読者に
商品のセールスページを5つに分けたものを順番に送っていきます。

 

内容は、

・読者の興味を引きつける話
・過去の失敗談と成功体験
・成功の未来の話
・商品オファー
・ラストメッセージ

にします。

 

プロダクトローンチによって
内容が若干異なったりもしますが、

基本的にはこの流れで
5つに分けたセールスページを送っていきます。

 

これらのセールスページを復習メールを含めて
2週間程度で順番に送っていきます。

 

するとたくさんの読者を巻き込みながら、
徐々に購買意欲を上げていくことができます。

 

そして最後に、
用意しておいたラストメッセージを送り

時間制限(3日間限定など)をかけて
商品を成約していくという形が理想的です。

 

プロダクトローンチのコンテンツの配信タイミング

もし仮に作成したプロダクトローンチの記事が
5ページあるのだとしたら

1日目:プロダクトローンチ①を提供
4日目:プロダクトローンチ②を提供
7日目:プロダクトローンチ③を提供
10日目:プロダクトローンチ④を提供
13日目:プロダクトローンチ⑤を提供

というようなプロセスをとります。

 

あまりにコンテンツの提供間隔が短いと、
前のコンテンツが消化しきれていないのに
次々にコンテンツが来るため、

見込み客があきらめてしまう可能性があります。

 

そのため
記事の配信間隔を数日空けるようにしましょう。

 

もしあなたが高額の商品を販売するなら、
より価値提供をする必要があるので、

必然的にプロダクトローンチの期間は
伸びていきます。

 

信頼残高といいますが、
価値を与えれば与えるほど信頼残高が高まり、
高額商品が売れやすくなります。

 

大型のプロモーションでは12本の動画、
全10回のセミナーということで
約2ヶ月プロモーションを行っている例もありました。

 

無料で得をして貰うほど売れる

プロダクトローンチでは最初、
売り込みの要素は全て消します。

 

中には例外もありますが、
多くの場合は売り込みを消した方がその後に売れるようになります。

 

この売り込みの要素を消している間に
行わなければいけないことに、

「見込み客に無料でたくさん得をして貰う」
ということがあります。

この考えが非常に重要であり、
無料で提供する価値が高いほど
その後に出てくる商品が売れるようになる
のです。

 

プロダクトローンチで失敗するパターンに、
「内容をぼやかし過ぎる」ということがあります。

 

「初心者のために」や「世の中をよくするために」などの
大義名分ばかりを言って販売をしようとするのですが、

これではぼやかし過ぎて
一体何が言いたいのか分からなくなってしまいます。

 

重要なのは、勿体ぶらないことです。

 

つまり「商品の内容を全て話す」という思考ができる人だけが
本当の意味でプロダクトローンチを理解できている人になります。

 

この思考ができていない人は多いです。

そのため、たとえプロダクトローンチを行っても
商品が売れないということが起きてしまいます。

 

お客様の立場になれば分かるのですが、
中身がよく分からないものに人はお金を払いません。

中身が隠されている状態で
「この商品は本当に良い商品です。10万円ですが買ってください」

と言っても買うような人はまずいません。

 

しかし、なぜか販売者側になると
中身をぼやかし過ぎて何が言いたいのか
よく分からない人が続出してしまいます。

 

お客様もそこまで頭は悪くないので、
商品の中身を全て話した上で売らなければいけません。

 

最後に

プロダクトローンチは爆発的な売上を出すことができるので
非常に効果的な販売手法ではありますが、

その分しっかりと作り込む必要もあります。

 

本格的に億単位の売上を出しに行くのであれば、
広告費をかけて大規模にプロダクトローンチを行う必要があるので、

失敗した場合のリスクも伴います。

 

そのため、プロダクトローンチの基礎を
しっかりと抑える必要があるので、

初めは億の売上を狙っていくのでは無く、
数百万単位の売上を狙って

小規模なプロダクトローンチでテストを繰り返して
質を高めていきましょう!

The following two tabs change content below.

RYOYA

都内在住の情報発信家。22歳。現在はオプトインアフィリエイトを主体に獲得資金を投資に回して日々悠々自適な生活を送る。VIPアフィリエイターとの繋がりが広く、人脈を武器に最新情報や極秘情報を購読者に配信している。

ABOUTこの記事をかいた人

都内在住の情報発信家。22歳。現在はオプトインアフィリエイトを主体に獲得資金を投資に回して日々悠々自適な生活を送る。VIPアフィリエイターとの繋がりが広く、人脈を武器に最新情報や極秘情報を購読者に配信している。