見直すだけで成約率3割増し!セールスコピーの最終チェック項目35選!

こんにちは、キョウスケです。

WEB上のランディングページでも、チラシでも、DMでも。真剣に売れるセールスライティングを仕上げようとすると、気をつける部分が非常におおいですよね。

あっちを見たり、そっちを確認したり・・・。せっかく長い時間をかけて書いたコピーを見直すのに、また長い時間をかけないといけない。しかもそこであれこれと考えてしまうと、逆に良いコピーを悪くしてしまったりと四苦八苦・・・。

はっきり言って、面倒くさいと思いませんか?

なので今回は、私がセールスページやランディングページを書いた際に常にチェックしている35項目を、一覧でまとめさせていただきました。

この項目をチェックすれば、あとの部分はチェックしなくていいです。下手にいじるとキリがありませんしね。なので是非とも、この項目を参考にしてもらって、あなたの売上拡大に向けてセールスコピーを書いてもらえればと思います。それでは本日も宜しくお願いします。

 

Contents

♦成約率を3割増しにしてくれる、35個のチェックリスト


まずはじめに、注意事項をお伝えしておきます。それは必ず、このチェックリストを埋めながらコピーを書くのではなく、コピーを書き上げた後に見てほしいということです。

なぜならコピーライティングを書く時には、ごちゃごちゃ考えて書くよりも、書く内容の材料を揃えた後は何も考えずに感性に従って書いたほうが良いコピーが書けるからです。

コピーライティングとは、思考停止で、感性に従って書き上げた後に、その文章を理性的に修正していくことで完成すると考えます。ですので是非ともこのチェックは、必ず書き上げた後にチェックするようにお願いします。

 

商品の特徴ではなくベネフィットを伝えているか?

極論を言うと、人は商品の特徴には関心がありません。その商品を手に入れることによって、何がどのように変わり、どういう生活を手に入れることが出来るか?に本当に関心があります。

ですので、伝える内容は、” あなたの商品を手にすることによって、どんな未来をどのくらいの可能性で手に入れられるのか ” です。

 

読み手の欲求や恐れを刺激しているか?

人は感情に従って、買うか買わないかを決めます。そして、買った後に「 良い買い物だった。」と理屈で正当化しています。あなたのコピーは、理詰めになっていて、感情を刺激することを忘れてはいませんか?

 

「 私 」を「 あなた 」に言い換えているか?

もし、セールスコピーの中で「 私 」という言葉があるなら、それを「 あなた 」に言い換えられないか確認してみましょう。セールスコピーは、見込み顧客に向けて書くものであって、自分に向けてのものではありません。

 

一対一で話しかけているか?

セールスコピーを書く時は、グループとしてではなく、一個人と向き合って一対一で話しかけるように書きましょう。そして、あなたも商品を販売するライターとしてではなく、一人の人間として話しかけるように書いてみましょう。

 

キャッチコピーのターゲットは絞れているか?

キャッチコピーは、ある特定のターゲットに向けて書きましょう。ターゲットは、可能な限り具体的に、絞れるだけ絞りましょう。広すぎるターゲットを想定して書くと、誰の心も動かせない平凡な言葉にしかなりません。

 

キャッチコピーは一番のベネフィットを強調しているか?

キャッチコピーは、商品の一番のベネフィットを簡潔に伝えるものにしましょう。例え、問題提起型/証言型・・・など、どのようなタイプのキャッチコピーだったとしても、最も強いベネフィットを強調しなければ響きません。

 

キャッチコピーは読者の感情と興味を揺さぶるか?

もし、キャッチコピーで心が動かなければ、人はその先を読み進めてくれません。見込み顧客が興奮して、「 何だろう!? 」とワクワクして、読まざるを得ないようなものになっているでしょうか?賢く見せようとしたり、デザインばかりにこだわってはいませんか?

 

キャッチコピーとボディコピーのバランスは取れているか?

キャッチコピーは、コピー全体のバランスを良くも悪くも決定づけます。従って、キャッチコピーとボディコピーの雰囲気や調子がずれてしまうと、読者は違和感を感じてしまいます。あなたのコピー全体の雰囲気に一貫性はありますか?

 

キャッチコピーに「 素早く簡単に 」を入れられるか?

人は、いつだって「 素早く、簡単に 」何かを叶えたいと思っています。従って、もしこれに似た言葉を入れて胡散臭くならないのであれば試してみてください。もっと良いコピーになります。

 

キャッチコピーで売り気を出していないか?

あなたの商品が、誰もが知っているような有名なものでないなら、冒頭でいきなり、返金保証をうたったり商品画像を見せても意味は全くありません。それよりも、「 ここで役に立つことを知れる 」と思ってもらえるようなものにしましょう。

 

小見出しを効果的に使っているか?

コピーライティングは、一文字一文字を読み進めてもらうことが目的です。しかしほとんどの読者は、流し読みをしてから、気になる部分を重点的に読んでいきます。従って、コピーの中に、魅力的な小見出しをうまく挟んで、流し読みする読者を文章に入り込ませる工夫をしてみましょう。

 

文章の書き出しで読者を引き込めているか?

文章の書き出しは、キャッチコピーの次に重要になります。ただの挨拶の言葉や、定型文だけで書き始めているとしたら、今すぐに変更しましょう。

 

最初の3〜5行で、読者は頭のなかに将来を描けるか?

最初の3〜5行を読んで、読者は、あなたの商品を使うことによって得られる未来を頭に思い浮かべる事が出来るでしょうか?最初の3〜5行で、読者をうまくあなたの商品の中に引き込みましょう。

 

難しい言葉を簡単に言い換えているか?

自分の語彙力や知識を自慢しようとして、難しい言葉を使っていないでしょうか?コピーライティングは大学の論文ではありません。友人にメールを書くときのように、誰が見てもわかる言葉を使いましょう。

 

一つ一つの文章は短くまとまっているか?

6行以上続くような長い文章があったら、分解して、1〜3行程度の文章にしましょう。そうやって文章に一定のリズムをもたせることによって、読みやすさは段違いになります。

 

不必要な文章はないか?

文字量は必要最低限に抑えましょう。コピーの中で、読んでいて退屈で、なおかつ特に意味のないパートがあればどんどん削っていきましょう。

 

あなたの商品の独特な点を表現できているか?

なぜ、他の似た商品ではなく、あなたの商品を買わなければいけないのか?あなたの商品の何が、その他多数の類似商品より良いのか?その理由をしっかりと伝えられていますか?

 

曖昧なことを言っていないか?

コピーの中で曖昧な部分を見つけたら、全て具体的に言い直しましょう。例えば、「 集客効率が2倍になります。」ではなく、「 集客効果が1.59倍になります。」などですね。

 

友好的で人間味のあるコピーになっているか?

もし、コピーに挑発的で敵意のある感情がこもっていたら商品が売れないのは当たり前ですよね。読者が、「 この人は私のことを分かってくれている 」と思えるようなものになっているでしょうか?

 

感情 / 熱意 はこもっているか?

不思議なことに、文章には書き手の感情や熱意が乗り移ります。心から商品に自信を持っていて、この商品を多くの人に手に入れて欲しいという感情が文章に乗り移っていますか?

 

例え話を使っているか?

1つ2つの例え話を入れると、文章の読みやすさや感情移入のしやすさが倍増します。ぜひ試してみてください。一つのセールスレター、ランディングページには、2〜5つ位が適正です。

 

あなたが素晴らしいオファーを提供する理由を話しているか?

見込み客に、なぜあなたがそれだけ素晴らしいオファーをしているのかを説明しましょう。例えば、価格が安いとしたら、「 ダウンロード商品で配送コストがかからない 」「 過剰在庫を抱えていて倉庫に空きがないから 」などですね。

 

最低一つの特典を用意しているか?

特典を用意することで、クロージング効果を高めることができます。例えば、商品を2,000円で売っているとしたら、単独でその価格以上の価値がある特典を用意しましょう。複数用意できるなら尚良いですね。ただし、多すぎてもくどくなってしまうので、1〜7個におさえましょう。

 

特典のベネフィットを伝えているか?

単に特典を用意するだけではなく、なぜ、その特典が必要なのかを説明しましょう。もちろん、その際も特典の特徴ではなく、ベネフィットを伝えましょう。

 

保証を強調しているか?

商品の保証は、信頼性を高める上で必要不可欠です。例えば、返金保証をするならば、購入から何日以内で、どのような場合に返金に応じるのかを、しっかりと伝えましょう。

 

希少性を演出しているか?

あなたの商品に希少性はあるでしょうか?希少性がなければ、8割の人は決断を先送りにして、結局、いつまでたっても購入してくれません。あなたの商品は、いつまで販売しているのでしょうか?または、何個販売するのでしょうか?

 

注文方法は簡単か?

読者に、商品の注文方法を1から10まで全て具体的に説明しましょう。せっかく注文したいと思ってくれている人を迷わせてしまってはいけません。

 

商品を手に入れなかったら、どうなるか話しているか?

もし、あなたの商品を手に入れなかったら、読者が失うものをしっかりと説明しましょう。

 

最後に追伸を書いていますか?

追伸は、必ず入れるようにしましょう。多くの人は、レターを開いたら、まず価格をチェックしようとして一番下を読みます。そして追伸は、その時に最も読まれやすい部分となります。追伸では、あなたの商品から得られるベネフィットや、期限の告知など、重要な情報を書いておきましょう。

 

あなたの情報をしっかりと開示していますか?

あなたの住所や名前、メールアドレスなどをしっかりと開示しているでしょうか?もしこれがなければ、人はお金を持ち逃げされると心配で購入しないでしょう。

 

注文フォームは機能しているか?

注文フォームが、ちゃんと動いているかどうか必ず確認しましょう。これを怠ると、大金を逃してしまうことになります。

 

重要な部分を太字で強調しているか?

絶対に読み飛ばして欲しくない部分は、必ず太字にしたり目立つ色にしたりしておきましょう。逆に、太字で強調する箇所が多くなりすぎないようにしましょう。

 

文字のサイズは読みやすい大きさになっているか?

特別な理由がないなら、文字のサイズは14pt以上で、フォントはゴシック体を使用して書きましょう。

 

レターを声に出して読んでみたか?

実際に声に出してレターやランディングページを読んでみると、読みにくい部分や分かりづらい表現がよくわかります。そして、誤字や脱字の部分も一目瞭然です。従って、最後に必ず声に出して読んでみましょう。

 

検証→分析→改善→検証のサイクルを確保しているか?

セールスレターやランディングページに100%はありません。そして、本当の効果というのは試してみなければわかりません。そこで重要になるのが、検証→分析→改善→検証の工数を最初から確保しておくことです。

一度セールスが終わったら、ランディングページとセールスレターの両方を確認するようにしましょう。

 

 

♦まとめ


爆発的に売れるコピーライティングは、感情的な要因と科学的な要因がうまく混じり合った時に生まれます。

そこで、冒頭にお話したように、まずは小難しいことは一切とっぱらってしまい、感性に従って書き上げてしまい、その後に理性的にコピーを読み直し、学んだ技術や知識を総動員して改善していくことで、素晴らしいコピーが出来上がります。

是非ともまずは、何も考えずに書いてみる事をオススメします。

それでは本日も読んでくださりましてありがとうございました。

 

キョウスケ

The following two tabs change content below.

キョウスケ

都内在住23歳のWEBライター兼投資家。優れた情報を無償を発信して、副業で稼ぎたいと思い行動する人達の支援活動を行っている。WEB営業 / 集客代理店代表でもある。運営サイトに、Web.LabとBuzz Reach がある。

ABOUTこの記事をかいた人

都内在住23歳のWEBライター兼投資家。優れた情報を無償を発信して、副業で稼ぎたいと思い行動する人達の支援活動を行っている。WEB営業 / 集客代理店代表でもある。運営サイトに、Web.LabとBuzz Reach がある。